第2回 STC勉強会

肩関節疾患の機能解剖と理学療法 〜皮膚から考えるアプローチ方法〜

肩関節の状態・疾患に対する評価方法を学び、またそれに対するアプローチ方法を勉強していきます。実技を中心に手技療法の他、皮膚に注目したテーピングを使った方法等も取り上げます。

講師: 吉田一也氏(理学療法士)

 <講師紹介>
 ・人間総合科学大学 保健医療学部 助教

 ・SPTラボ 代表

 ・Flow→Creation. 代表

 ・キネシオテーピング指導員(CKTI)免許

 

 2003年に理学療法士免許を取得後、各病院・クリニックのリハビリテーション科に従事し治療を行う傍ら、スポーツ傷害理学療法研究会(現アスリートケア)にて甲子園メディカルサポート、テーピングや手技療法などの各種研究、執筆・講演活動など、多岐にわたる活動を現在に至るまで精力的に行っている。

 また、2011年に埼玉県立大学大学院の保健医療福祉学研究科修士課程を修了しリハビリテーション学修士となり、現在は獨協医科大学大学院医学研究科の博士課程にも身を置いている。

 

場所:彩の国すこやかプラザ 会議室

JR与野駅西口 徒歩10分

日時:平成26年7月20日(日曜日)10:00~16:30

参加費:STCメンバー 5,000円 一般参加:6,000円 学生3,500円

 ※ STCメンバーについてはメンバー募集のページをご覧ください。

 ※ 学生は全日制に限ります。当日は学生証を持参してください。

定員:20名(10名までは先着優先枠となります。定員を超えた場合は残り10名で抽選となります)

参加資格:トレーナー、各種セラピスト(治療家)、アスリート等。資格の有無は問いませんが、基礎医学程度の知識は必要です。学生等、これから目指す方も歓迎します。

 

懇親会:セミナー終了後、懇親会を予定しています。講師の先生も参加予定ですので、できるだけご参加下さい!

(懇親会の場所は未定、会費は3,000円程度の予定。参加ご希望の方には決まり次第ご案内いたします)

 

申込方法:下記のメッセージフォームからお申込みください。

その際、懇親会の参加の有無もできるだけ記入してください。

申込み期限は平成26年7月16日(水曜日)までとなりますのでご注意下さい。

今回は朝からのワンデーセミナーで、皆さんしっかり勉強できたようです。吉田先生は理学療法士の学校の先生でもあり、臨床経験と最新の研究や資料を盛り込んだ、非常に貴重で充実した内容となりました。